投稿日:

カードローンについて(ノンバンク系消費者金融や銀行系含む)

カードローンは、金融業者が提供している個人向けの商品で、銀行やコンビニエンスストアーなどに設置されているATMからカードにより入出金を行うという使用方法です。主に、20歳以上で定期収入を得ている人を対象としており、アルバイトや派遣社員、パートタイムなどの非正規雇用の人でも利用できます。このために多くの人が利用しており、主婦や学生の利用者も少なくはありません。

事業や投機目的での利用は認められていませんが、旅行やショッピング、飲食などのレジャー目的での使用は可能です。10万円未満という少額からの申し込みにも対応しており、少しお金が足りないという時には非常に便利な存在です。

また、シンプルな内容の商品ということで、審査も簡略化されており手続きも短めです。このために、担当者と顔を合わせて契約手続きを行う必要がないので、申し込み方法は非常に多様です。現在は、インターネットを利用して自宅から審査に申し込むことが出来るので、仕事が遅くまでかかる人でも利用できる環境が形成されています。

さらに、女性のオペレーターが全ての手続きをサポートするレディースローンや利用開始から一定の期間は利息が1円も加算されない無利息機関などの新しいサービスも考案されています。誰でも気軽に利用できるように工夫が施されていることが、現在のカードローンの傾向です。

カードローンの特徴

カードローンは、担保や保証人は原則として不要であり、簡単な準備で審査に申し込むことができます。申し込み時に必要となるのは、運転免許証や健康保険証などの身分証明書で、希望額によっては源泉徴収票や給与明細書などの収入を証明するための書類が求められるケースもあります。

カードローンは審査時間が短いということが特徴で、商品によっては申し込みから30分程度の短時間で合否が判明するというスピード審査を実施しているケースもあります。このために、今日中にどうしてもお金がほしいという様な急いでいる場合には、特に利用価値が高くなります。

この審査時間が短いということは、ただし貸す側にとっては申し込み者の経済状況についてじっくりと調べられないということにつながります。つまり、貸し倒れのリスクが生じるということで、これを回避するために出来るだけ短期間で元本を回収しなくければばらなくなります。

短い期間で元本を回収するということは、金利を高くするということです。このために、カードローンの金利は、金融業者が提供している商品の中では最も高い数字が採用されています。

ただし、新しい内容の貸金業法が2010年に施行されたことにより、それ以前と比較するとカードローンの金利はかなり低くなっています。これは、出資法の上限金利が29.2%から20.0%に引き下げられたからです。

つまり、年利が約10%低くなっているので、100万円の借入れがある場合の1年間の利息は10万円少なくなったということになります。それだけ借り手の負担が軽くなったということですが、その分審査の基準は厳しくなっています。

カードローンの種類

カードローンは、様々な金融機関が取り扱っており、業者ごとに商品内容には違いがあります。特に、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者が提供している商品と銀行や信用金庫のカードローンとは明確に区別できるだけの違いがあります。

貸金業者系の商品は、2010年に完全施行された貸金業法により規制されており、新たに加えられた規則である総量規制を順守しなくてはなりません。総量規制とは、業者の貸し過ぎと利用者の借り過ぎを防ぐことを目的としたルールで、個人向け貸し付けの上限は年収の3分の1以内に制限するという内容です。

貸金業法に違反した業者は行政処分の対象となるので、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンは、希望額が50万円を超える様な場合は収入証明書の提出を求められます。これは、年収の3分の1未満であるということを申し込み者の側が証明しなくてはならないからです。

これに対して、銀行や信用金庫などの銀行系のカードローンは、銀行法という違う法律により規制されているので、貸金業法の総量規制の対象からは外れています。つまり、年収により借入れが制限されないということです。

このために、貸金業者系のカードローンは、自身では収入を得ていない専業主婦は利用することは出来ませんが、銀行系のカードローンは対象に含まれています。しかも、専業主婦自身が審査の対象であり、配偶者に連絡される様なことはありません。ただし、返済能力に見合った金額となるので、一般申込み者の10分の1程度が上限となります。

消費者金融系カードローン

貸金業者系カードローンの中でも明確な特徴を有しているのが、消費者金融が提供している商品です。スピード審査を実施しているということが魅力で、急を要する時の利用に向いています。

また、大手の消費者金融業者は銀行のグループ内に入って業務を行うというケースが増加しており、消費者金融と銀行の中間の様な内容の商品を提供しています。この様な業者のことは銀行系消費者金融と呼ばれており、短時間審査と大枠の融資の両方が特徴です。

また、これらの中には窓口業務を行わないというスタイルの業者も存在しており、サービスはインターネットが中心となります。ただし、コールセンターなどによるオペレーター業務は用意されているので、手続きの途中で困ったときにはサポートを受けることが出来ます。つまり、利用する上で特に不都合を感じることはないということです。

銀行系消費者金融は、銀行に義務付けられている社会的なモラルを守った上で、消費者金融的なサービスを提供している金融業者です。このために、商品内容はかなり魅力的ですが、利用するためにはそれなりの返済能力が求められるので、審査の基準は厳し目です。

銀行系消費者金融

  • アコム
  • プロミス
  • モビット

これに対して、銀行グループに所属せずに業務を行っている昔ながらのスタイルの業者は、専業系消費者金融と呼ばれています。中堅どころの業者のほとんどがこの形態であり、融資枠は50万円程度と少額にとどまっていることが特徴です。

これらの業者は大手業者の様にテレビコマーシャルなどの大規模な宣伝は行っていないので、知名度という部分では十分ではありません。また、サービスを地元のみに特定しているというケースもあります。

これらの専業系の消費者金融業者の特徴は、審査に通りやすいということです。通常は個人向けカードローンの審査は、信用情報機関への照会が中心であり、クレジットヒストリーが非常に重要なポイントとなります。

自己破産や任意整理などの債務整理や延滞が記録されている場合は、ブラックリストに載っていると表現される状態であり、審査に通過することはありません。また、他の業者からの借入残高が多い場合も審査においては、かなり不利な状況となります。

これは、カードローンを利用する上での基本的なルールは、約定返済日に指定された金額を返済するということだからです。借入残高が多いということは返済額も多いということで、新たに借入するだけの経済的な余裕が少ないと認識されてしまいます。このために、銀行系消費者金融の商品の場合は、借入件数が5件以上の場合は審査の通過は見込めないと考えられています。

これに対して中堅クラスの専業系消費者金融の場合は、信用情報機関への照会ではない独自の基準により合否を決定している場合があるので、債務整理を行ってから年月が経過していない様な状態でも利用できるケースがあります。つまり、クレジットヒストリーに問題がある人でも審査の通過が期待できるということになります。

専業系消費者金融を利用する時には、正規業者であることを確認する必要があります。正規業者は、貸金業法の第3条に基づき国または都道府県への登録が必要となります。登録している業者は、登録番号を表示しています。

ちなみに、単独の都道府県にのみ業者が所在している場合の登録番号は○○県知事(*)第00000号という形式となり、複数の都道府県で業務を行っている場合は○○財務局(*)第00000号となります。なお、貸金業登録の更新は3年間に1度というペースであり、(*)の中には登録更新した回数が記入されます。

正規業者であれば貸金業法を順守してサービスを行っているので、カードローンの金利は利息制限法の範囲内となり、安心して利用することが出来ます。また、日本貸金業協会に加盟している業者であれば、さらに確実です。

日本貸金業協会とは、貸金業界の自主規制機関で、2007年の12月に内閣総理大臣の認可を受けて設立した法人です。資金需要者の利益の保護を図り、貸金業の適正な運営に資することを目的として、自主規制基本規則の設定や相談対応・紛争解決・苦情処理などの活動を行っています。

また、加盟業者が適正な業務を行うように指導を行っており、従わなかった場合は1億円の過怠金など厳しい処分が下されます。このために日本貸金業協会に加盟している業者は、適正な業務を行うことが義務付けられており、コンプライアンスの体制も含めて安全な状態にあると推測できます。これは、申し込む側にとっては信用の目安として利用できます。

専業系消費者金融は知名度が十分ではないので、大半は初めて見聞きする様な名前です。このために利用する場合には不安を感じてしまいがちですが、日本貸金業協会に加盟している正規業者であれば、基本的には安心です。ルールを守って利用している限りは、トラブルに見舞われる心配はありません。

専業系消費者金融

  • フクホー
  • キャレントスーパーローン
  • フタバ
  • アルコシステム
  • ユーファイナンス

 

 

銀行系カードローン

銀行系カードローンは、銀行や信用金庫本体が提供している個人向けカードローンのことです。商品内容はひとくくりに出来ないほど多様ですが、消費者金融系の商品と比較すると金利は数%程度低めの数字が採用されています。

金利が低いということは、同じ金額を同じ期間利用した場合に加算される利息が少ないということになるので、返済総額も少なくなります。つまり、借り手にとって有利な条件の商品ということです。

この金利が低いという特徴を生かして、借り換え目的で銀行系カードローンを利用する人も少なくはありません。借り換えとは、有利な条件提示をしている商品に交換することで、具体的には金利の低い商品からの借入により、金利の高い商品の借入を全て完済するという内容です。これにより、金利が低くなるだけ返済の負担が軽くなります。

借り換えは、自己破産や任意整理ほど返済の負担を大幅に軽くすることは出来ませんが、信用情報機関に悪影響を及ぼすこともありません。逆に、複数の業者から借入がある様な場合は、一本化することにより良化します。

これは、複数の業者から少額ずつ借入がある状態よりも、1社から大きな金額の借入がある方が信用があると認識されるからです。このために、消費者金融系の商品から銀行系カードローンへの借り換えを行ったとしても、借り手にとってのマイナスは何もありません。

この様に金利が低いという魅力があることから多様な利用法が可能という一方で、審査の合否が判明するまでに時間がかかるということも銀行系カードローンの特徴です。これは、商品内容が優秀であることが関係しており、慎重な審査が行われるからです。基本的には消費者金融系の商品と同様に、信用情報機関への照会が中心であり、クレジットヒストリーが合否を左右するポイントとなります。

消費者金融系の商品が即日融資が基本であるのに対して、銀行系カードローンは合否が判明するまでに数日かかるのが一般的です。このために、今日明日中にお金が必要という場合の利用には向いていません。時間的な余裕がある人を対象とした商品ということになります。

ただし、即日融資を実施している銀行系カードローンも存在しているので、急いでいる時の利用に全く対応できないというわけではありません。状況に応じて適切な選択を行うためには、商品内容を事前に良く把握しておくことが求められます。

銀行系カードローン

  • 楽天スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行MR.カードローン
  • 三菱東京UFJカードローンバンクイック
  • 新生銀行カードローンレイク
  • 東京スター銀行スターカードローン

九州で個人が融資をうけるなら、福岡県中央信用組合を利用する方法もあります。

福岡県中央信用組合カードローン ホップ

  • 最低約定返済額2千円
  • パート・アルバイトの方も利用可能
  • セブン銀行でのキャッシング可能

■基本情報

融資最高額:100万円
金利:14.4%(2016年11月現在)
収入証明書不要利用額:50万円
預金口座:不要(ただし契約までに要)
審査時間:-
アルバイト(パート):○

即日融資

即日融資はできません。

地域限定の有利なカードローン

九州経済の中心部である福岡県を地盤とする福岡中央信用組合は、福岡市を中心とした地域で地域密着の活動をしている金融機関です。信用組合なので営利目的ではなく、営利企業である銀行や消費者金融よりも低利率のローン商品提供が可能です。カードローンも顧客の需要に応じた4種類が準備されており、いざという時の資金需要にタイムリーな対応ができます。

消費者金融より有利な金利

福岡中央信用組合のカードローンの中で使い勝手が良く、かつ手軽に利用できるものとして「カードローン ホップ」があります。金利は年利14.4%と大手消費者金融より低く、メガバンク系のカードローンと比較しても遜色のない金利です。金利には保証料も含まれているため、これ以上の支払は不要で、安心して利用できます。パートやアルバイトの方も利用できますから、今まで消費者金融の利用をしていた人も「カードローン ホップ」に乗り換えるメリットはかなり多いはずです。

全国のセブンイレブンでキャッシング

大手消費者金融やメガバンクのカードローンは全国のコンビニなどでキャッシングできる点がメリットだと言われています。しかし、福岡中央信用組合の「カードローン ホップ」は、セブン銀行のATM、つまりセブンイレブンに設置してあるATMを利用できます。必ずしも店舗数が多いとは言えない福岡中央信用組合ですが、セブンイレブンのATMを利用できるのであれば話は別です。地元での利用だけではなく、東京や大阪への出張もあるビジネスマンにとって、全国のセブンイレブンATMを利用できることはかなり大きなメリットになるはずです。大手に負けないカードローンと言えます。

最高100万円だから使い過ぎの心配なし

カードローンは限度額が大きいほうが使い勝手がいいと言われています。しかし、逆に使い勝手の良さが災いして、使いすぎる心配も否定できません。「カードローン ホップ」は、最高限度額が100万円、パートやアルバイトの方であれば最高限度額が30万円に抑えられています。カードローンは利用したら返済しなければいけません。そのことを考えれば、使い勝手よりも安心して利用できることを優先して考えるべきです。カードローンは、つい使いすぎてしまいがちです。しかし利用限度額が少額であれば、使いすぎてしまっても完済することができます。

アルバイトやパートの方も利用できる

先ほど述べた通り、このカードローンはアルバイトやパートの方も利用可能です。アルバイトやパートの方がカードローンを利用する場合、銀行系カードローンは審査に通りにくいと言われています。金利に占める保証料の割合が高くできないので、リスクを負うことができないのです。アルバイトやパートの方は収入の確実性という観点からすると正社員の方に劣ります。そのため、保証料を積み立てないと貸付ができないのです。しかし、営利組織ではない福岡中央信用組合は、利息の中から銀行や消費者金融ほどの収益を得る費用はなく、保証料として積み立てる部分を多くすることができます。つまり、同じ条件であれば、より多くのリスクを取ることができ、結果としてパートやアルバイトの方に対してさほど高い利率を徴収する必要がなくなっています。

 

最低返済額2千円の安心感

福岡中央信用組合「カードローン ホップ」の最低約定返済額は2千円です。10万円までの借入であれば、毎月の返済額は2千円になります。毎月1万円単位の返済ができればいいのですが、サラリーマンの方であっても「厳しい月」は存在するはずです。年末年始には飲み会が多く、会費が多く必要です。時期によっては冠婚葬祭が固まる時期もあるでしょう。特に結婚式の祝儀はお金が必要です。とはいえ、カードローンの返済はそのような事情は一切汲み取ってくれません。毎月の支払が少なければ、支払が厳しい月も安心です。

カードローン返済が厳しいと思う理由

このようにカードローン利用者の中で、大きな割合を占めるであろうサラリーマンの方も、毎月の返済が必ずしも順調にできるとは限りません。カードローンの返済が厳しいなと思う方も多いでしょうが、その理由として毎月の返済額が多いことが挙げられます。毎月の給料が順調にもらえたとしても、家計費などの支払は月によってマチマチです。支払がきつい月に無理をして返済してしまうと、クレジットカードの支払をリボ払いにすることで対処することとなります。しかし、一度リボ払いにすると、翌月からの支払額が増加するため翌月以降の支払額が多くなり、カードローン返済が厳しくなる悪循環に陥ります。

これなら安心して利用できます

利用額が多くなれば、毎月の約定返済額は増加しますが、それでも最高100万円借りたとしても毎月の返済額は2万円です。それほどの多くの金額をカードローンで調達しなければいけないことは少なく、通常はマイカーローンなどの目的ローンで対応するはずです。大型家電製品を購入する際にクレジットカードの支払がきつくなり、10万円単位の借入をすることはあるでしょうが、通常は給料日前にちょっと足りないからと1万円単位の利用が多いはずです。最低2千円の支払額に収まる10万円以内の利用に抑え続ければ、安心して「カードローン ホップ」を利用し続けることができます。

繰上返済は必須

とはいえ、10万円の借入を約定返済の2千円だけで返済しようとすると、完済までに77か月、つまり6年半かかります。借りている期間も長いので利息も多くなり、10万円の借入に対し、6年半で53,567円の利息支払になります。この場合、資金的な余裕がある時期に1万円でもいいので繰上返済をすることが必要です。ボーナスが出る人であれば、最優先で借入金の完済に充てるべきでしょうし、それ以外の場合でも1万円ずつでも追加返済をすることが必要です。毎月返済しているのに6年半もかかるのかと言われるかもしれませんが、約定返済額の中から毎月の利息を差し引いているため、元本は案外減っていません。そのため元本を積極的に減らす繰上返済が必要になります。

多額の利用は目的ローンの方が有利

福岡中央信用組合には、マイカーローンや住宅ローンもあります。それ以外の使途でも、金利が4.8%から12.8%のフリーローンが準備されています。限度額は500万円と大きいので、使い勝手は悪くありません。フリーローンなので追加借入はできませんが、完済時期も明確になるため、計画的な返済計画を立てることが可能です。カードローンで全ての借入をする必要はありません。

 

面倒くさがりの人はこっちもお勧め

福岡中央信用組合には「しんくみポケットカードローン」というローン商品もあります。ネーミングのとおりカードローンなので、商品性は「カードローン ホップ」と同じです。融資限度額は最高90万円、年利14.4%なので、融資条件としては同じと考えていいでしょう。しかし、両者の違いは約定返済額にあります。このカードローンの約定返済額は最低1万円なのです。約定返済をあえてしなくても早期に完済できるため面倒くさがりの人にお勧めです。

毎月1万円の返済で完済が早い

「しんくみポケットカードローン」は毎月1万円の返済が必要なので、支払がきつい月は困るじゃないかと言われそうです。しかし、この返済額を毎月続けることで10万円借りても11か月で完済できます。利息支払額は7,173円に留まります。先ほどの例と比べればどちらが有利かは一目瞭然です。こちらのカードローンであれば、あえて繰上返済をしなくても完済までの期間を短縮することができます。

少額の利用ならこちらがお勧め

カードローンの利用方法は人によりマチマチでしょうが、少額の利用に徹する人はこのような限度額が低いカードローンにした方が賢明です。もちろん融資限度額が低ければ利率は上がります。しかし、借りる金額が少なければ利率の差から想像されるほど、実際の利息支払額は多くありません。10万円を借りたとして年利の差が10%あったとしても、1か月の利息は833円しか差はありません。メガバンクの大型カードローンの中には金利が4%台のものもありますが、そのようなカードローンをあえて申し込む必要がない事がわかります。

誰にでも信用には限度がある

どんなに信用がある人でも信用力には限度があります。年収2千万円の人がメガバンクの大型カードローンを契約した場合、他のローンを契約することができなくなります。カードローンのメリットは必要に応じて限度額までの借入と返済を繰り返すことができる点にあります。しかし、審査をする側からすると申込時には借りていないとしても、その気になれば限度額いっぱいまで借りることができますから、審査では「限度額まで借りている」と判断されます。年収2千万円の人であっても、限度額1千万クラスのカードローンを申し込んでしまうと、そこで自分の信用を使い果たすことになります。

カードローン上級者の使い方

先ほど述べた通りカードローンの利用方法は、人によりマチマチです。しかし「上級者」と呼ばれる人は、毎月の返済額が多いカードローンを利用することが少なくありません。「しんくみポケットカードローン」のように毎月1万円の返済をすれば、あえて面倒な繰上返済をする必要がないためです。もちろんもっと余裕があれば積極的に繰上返済をしますが、給料日前にちょっと足りないから借りたという場合、このような人は翌月に完済してしまうことが多いです。結果として、金利差が大きくても自分が負担する金利の額に大きな差は出ません。

 

おまとめ目的のカードローンもあります

福岡中央信用組合のカードローンの中にはおまとめ目的のカードローンもあります。最高500万円の限度額があるので、複数の貸金業者から借りていたり、クレジットカードのリボ払いがいくつもあったりして、支払が面倒だという人には最適です。

債務整理を考える前におまとめローン

このような多重債務に陥ると、弁護士さんなどに依頼して債務整理を考える人も多いようです。しかし、債務整理をしてしまうと5年間信用情報機関にその事績が登録されますし、登録されたことは5年目以降もわかりますから、自分の将来に大きな汚点となってしまいます。それより、おまとめローンで完済を目指した方が賢明な選択であり、そのような人に福岡中央信用組合は応えてくれます。

ネーミングは「スッキリ一本」

このおまとめローンの名称は「スッキリ一本」です。文字通り多重債務の悩みをスッキリさせる特効薬です。多重債務に陥ってしまうと毎月の返済が嫌になり、精神科のドクターに通う事も少なくありません。しかし、精神科のドクターもこの病気を完治する術を持ちません。つまり、対処療法に過ぎず、根本的に治療するためにはおまとめローンが必要であり、「スッキリ一本」が特効薬になります。

最高限度額500万円

おまとめローンとはいえ、利用限度額が少なければ、まとめきれない可能性もあります。しかし「スッキリ一本」の最高限度額500万円です。複数のカードローンやクレジットカードのキャッシング、そしてリボ払いの残高、全てまとめて任せることができます。30万円以下の利用なら約定返済額は5千円と無理なく返済できます。500万円の場合は5万円ですが、それほどの借入残高がある人ならば、今までもっと多額の返済をしていたはずです。

他の金融機関より有利な金利

気になる金利は保証会社のライフカードが審査で決定します。9.8%、11.8%、13.8%の3段階で決定されますが、あまり差はないので気にすることはないでしょう。いずれの金利も大手消費者金融のおまとめローンよりはるかに低く、銀行で提供しているおまとめローンより低いです。冒頭に述べた通り、信用組合は営利を目的とはしていません。「スッキリ一本」は、組合員の資金危機を救うためのおまとめローンです。